音楽と美術館と寿司 2022.04.24

つ、疲れた。M3の後にノリで都現美に行ったら死ぬ程疲れた。実のところ、朝飯と昼飯を食べずに歩き回っていたのが事態を悪化させていると思う。都現美のまわりでなんか食べようと思ってたんですが、ひとりで外食するの慣れてないのでスルーしてしまった。よくないですね。最寄りの清澄白河駅から美術館までの道で出店が出てるゾーンがあって、フランクフルトとかカレー弁当みたいなの売っててこれも良いなーと思いつつ、すでにM3で気力を失っていてなにも買えなかった。いや、食べれば良かったな……。生ビールも売っていたのでカッといっても良かったかもしれない。

https://birakuichi.wixsite.com/birakuichi

調べたら出てきた。私は深川美楽市に通りがかったらしい。

すでに死人のような気力で美術館に向かっていたので通り過ぎてしまったんだけど、祭りのようなものを見たのが久しぶりだったのでそれは楽しかったな。いま公式Twitterでパフォーマンス一覧見てるけどこんなにいたんだ。おれが見かけたのも一部だったのかな……。なんか金魚モチーフの和装で練り歩く女性のパフォーマンスの人いたんですが、目が隠れる仕様の被り物にマスクをしていたので顔のパーツがまったく見えずより異形感が出ていてカッコよかったです。金魚姫でツイッター検索すると画像が出ます。

そういえばM3は3年ぶりくらいになるのかな。間隔がかなり空いていることだけは確かだが、最後に行った記憶がまったく思い出せないので実際はもっと久し振りかもしれない。高校生の頃にメインで行っていた感覚があり、その頃は前日にリストを作って14,5枚CDを買っていましたが、今回は持ち合わせもあまり無いし新譜4枚くらいに抑えました。XFD聞くと買いたくなるので事前情報もあまり入れず、ハードコアで気になったの2枚となありさんの参加してるコンピとR.M.さんのMetroを買って終了。それでも5000円なのでまあちょうどいいラインですわね……。

サイケアウツGの白いロンTが気に入っていて今日も着ており、そういえばM3だしサークルで誰か反応してくれる人いるかなーと思っていたら1発目に買いに行ったところで言及されていきなりだったもんで挙動不審が出てしまった。「カッコいいっすね」って言われたけど謎の笑みを浮かべることしかできなかった気がする……。でもサイケのTシャツ着てて言及されたことなんて今まで1度も無いので嬉しい経験でした。

特に誰と会うつもりもなかったので開場から20分くらいで神速で買い物を終わらせて1時さんのスペースに出ていた。そこで荷鞍RecordsがフィジカルでM3出展してくれないかな、という話をしていたら、夜に3rdアルバムが出てびっくりしちゃった。うれしいですね。1stからずっとカッコいいという印象がありリリース常に楽しみなんですが今回もカッコ良かったです!全曲すごいけど魔法先生  体罰が特に好き。あと1234もすごいけど誰の変名なんだろう。。

音楽を好きというアイデンティティでやってきてDAWも触るのになぜかDTMをやってこなかったので今年は何とかしたいなあ。音楽に関してはワナビ感があるので少し頑張ってみよう。

話が飛びますが、都現美には井上泰幸展を見に行きました。特撮美術の巨匠です。内容はデザインデザイン図面図面図面図面計算計算研究研究研究と言った感じで、当時の東宝特撮の技術的な側面を一手に担っていたのだなということが物量からも内容の緻密さからも感じられて面白かったですね。展示の中で特に良かったのは妖星ゴラスのミニチュア(とはいってもスイカ2つ分の直径)で、リアルな質感を持ちながら生気のある橙色で光っていてカッコ良かったです。あとインタビューも上映されており、水槽に絵の具を落としてそれを逆さにすることで爆発を表現した技法を再現するということをやっていて、凄いなープロだなーと感じて興味深いものでした。写真撮影OKなのが空の大怪獣ラドンのミニチュアを再現したやつで、これも異様な緻密さをしており、当時もすごいし再現もすごいなあと思いました。

f:id:banfuture:20220425013520j:image
f:id:banfuture:20220425013526j:image
f:id:banfuture:20220425013523j:image

f:id:banfuture:20220425013552j:image

ちょっとしか写ってないけど島倉二千六先生の背景画も良いですね。最高の企画展!6月19日までやってるそうです。

夕飯は寿司を食べました。何も食わずに歩き回った挙句に食べる寿司のうまさはすごい。サーモンを異常に食べた。

日報2 22.04.15

四月十五日

 日記の存在を寝る前に思い出すことができた。これがあるとないとで継続できるかが変わってくる。そして、「そういえば」と思い出した時点で物事は行動に移すべきである。

 これは何度も「後にしよう」といって失敗してきた経験から最近ようやく実行できるようになった習慣だ。伝説の一日のダウンタウンの漫才の見逃しチケットも後で買おうと思っていたら見事に忘れたので、思い出したそばから手を動かした方がよい。

 たまたまPCに向かっている時に日記の存在を思い出したのでキーボードで文字を打ち込んでいるが、スマホで打つのとずいぶん違う。大きく違うのは、エディタを見ている時に目に入ってくるさっきまで書いた文章の量だ。PCで書いているとこの時点ではまだすべての記述を一目に見られるが、おそらくスマホだと全体の半分くらいしか見えていないだろう。

 画面の大きさも影響している気がするな。わたしが使っているiPhone 7のスクリーンはあまり大きいとはいえない。その場合かなり視野が狭窄した状態で文字を打ち込むことになり、物理的にその瞬間に書いている話題にしか目が行かないので自意識の深度が加速する感じがある。

 というか逆にいえば、PCで書いていると比較的フラットに文字を書ける。昨日の日記よりは鬱屈とした気分が無い。よく考えたら、単に今日の気分が良いだけかもしれない。

 今日は新しい室の顔合わせなどがあったが、かなり自由っぽい環境でおれのような人間にも動きやすそうだなと思った。おれが顔を出す前に来ていた同期が先輩に「(あいつ)来ないかもしれないです」と言っていたらしく、そういう認識なんだと思って面白かった。

 様々な環境で、顔を出すのが珍しいというキャラクターに落ち着くことが多い。それをたまに言われると、「そんなつもりは無いよ!」と思うのだけど、行動と態度からすると当然周囲はそう思うだろうというのもわかる。会話が苦痛とまではいかないが、使う精神的なエネルギーが大きいので、自分が体力的に楽な方を選ぶとそうなる。

 使うエネルギーが大きい分、まったく顔を出していなくても本人としてはMAXの活動をしていると思っているので、周囲の認識との差にびっくりするんだと思う。なんか書き起こしてみると普通に協調性のない人だなと思ったけど、実際協調性は無いのでしょうがない。

 今日の好きだったものは何かあるかな。まだ深紫伝説を聞いている。これでバトルドームの音MADが見たい。電車の中で座頭市 血煙り街道を見ようと思ったが、画面が暗すぎて見えづらかったのでウマ娘合作の制作後記をブラッシュアップして公開した。

 座頭市好きなんだよな。とはいっても、有名な三隅監督作品は見ておらず、鉄火旅と二段斬りの2作しか見ていないけど。特に鉄火旅はマジで好きで、あれもいつか動画を作れないかなと思っている。東野英治郎が演る刀鍛冶の爺が良いんだよな~。また見たいな。DVD買おうかな。

 買った。ブックオフオンラインにあったのでありがたいぜ。

 あとはPolygon Window(Aphex Twin)のSurfing On Sine Wavesを聞いた。本当に最高のアルバム・タイトルだと思う。Quothが一番好きだった。

ウマ娘競奏曲に参加しました

 2月末に投稿されたウマ娘合作に参加していました。素晴らしい合作!本当に参加できて光栄です。

 サクラバクシンオーのパートである「Panic! Pop'n! Picnic!」の音声・映像と、実写競馬のパートである「Never-Ending Tale」の音声を担当しました。

Panic! Pop'n! Picnic!

 サクラバクシンオーのパートです。正直な話、わたしはキャラクターに視点を置いた動画をあまり作ってこなかったので、ファンが多くみんなに愛されているバクシンオーを扱うことに少なからず緊張感がありましたね……。うまく魅力を引き出せるのかなみたいな。

 音声を作り始めた当初は自分の中にあるキャラに注目した音MADってこんな感じかなというイメージで進めていたのですが、慣れていないのでどうにもニセモノ感が出てしまう傾向があり、けっこう苦戦しました。やっぱりむずい!

 そこで途中で、「まあおれがバクシンオー好きなのは本当だしおれの思うように作るか……」と思い直して、個人的に好きなセリフをピックアップして好きなように置いていく感じにしたら、最終的に納得できる音声を作ることができました。やったね。全セリフ切り出しておいて良かったです!

 映像も含めて、このパートで意識していたのはバクシンオーが持つ要素を極力全部出そうということで、衣装(私服・制服・勝負服)、「走る」映像、本能スピードのライブ、RRIのメンツ(ブルボンとライス)、アニメBB、高笑い(かわいい)、2枚あるサポカなど、組み込めそうなやつは大体組み込むつもりで作りました。本当はホーム会話で絡みのあるビコーペガサスバンブーメモリーも出したかったのですが、前述の要素を拾うので精一杯で叶いませんでした。純粋に構成力不足で他にも出せていない要素はあると思うので、ちょっと反省ですね。

 上述のように全要素を出そうとするのはいいんですが、如何せん映像に関して勉強していないので、すぐに表現が手詰まってしまいました。制作の終盤辺りでコレ無理かも……となって死にかけていたのですが、土壇場でmojimo-mangaを契約したら何とかなりました。ありがとうラグランパンチ。ありがとうコミックレゲエ。あとRunwayもありがとう。

 ところで、私は合作でコメントが付きにくいパートを作ってしまう自覚があります。今回はキャラクターを見せる合作なので、ちゃんと可愛く見せられているか投稿されるまでかなり不安だったんですが、コメントを見ていると良い反応を貰えているようで嬉しいです。ちょっと苦手意識も解消されたかな。バクちゃんにも感謝です。

 そういえば、ピクニック日野茜からの要素も入れています。

f:id:banfuture:20220331040051p:plain

f:id:banfuture:20220331034828p:plain

 ここは本当にそのまま。背景はわかりにくいけど桜の花弁っぽく見えるように切れ目を入れています。

f:id:banfuture:20220331040044p:plain

f:id:banfuture:20220331035925p:plain

 ここはゲーム内イラストにカラフルなテキストを乗せる構成を踏襲。

f:id:banfuture:20220331040036p:plain

f:id:banfuture:20220331035924p:plain

 ここも同上です。いま思うと直球で引用しすぎでは……とも感じますが、茜ちゃんリスペクトだよ~ってことは絶対言いたかったのでこんな感じにしました。

f:id:banfuture:20220331040032p:plain

f:id:banfuture:20220331040026p:plain

 ラストのカットはセリフも「輝く未来に向かって」なので全面的に意識しています。走る構図(向きは逆ですが)とセリフまで綺麗に合わせられたので嬉しかったです!

Never-Ending Tale

 バクシンオーパートと並行して、Never-Ending Taleパートの音声も担当しました。

 本パートの映像はKamroさんに制作して頂きました。無茶振りともいえる音声に、私が空想していたような、むしろそれを上回る、本当に素晴らしい映像を制作して頂きました。感謝してもしきれません。改めて、本当にありがとうございました!

 経緯からいえば、私が勝手に合作内に実写競馬のパートあったらいいなーと思っていた所に、たまたまこのパートを担当するお話を頂いたので、渡りに船と制作を担当することにしました。

 「ウマ娘」の合作内でリアル競馬を扱うので、バクシンオーのパートとは異なる種類の緊張感を感じていましたが、私自身競馬実況が好きだったし、大合作の飛び道具的なパートを担当することができるワクワク感みたいなものもあり、作ってる時はだいぶ楽しかったです。

 見せ方としてパターンを2つ考えていて、

・2011・12・13年のJRAのCMをベースに名馬列伝のようなパート

ウマ娘に登場している競走馬をすべて出すパート

のどちらにするかで迷っていました。

 20th Century Boy、The Winner、The LegendのCM群はどれも痺れる程カッコよく(私はキングヘイローのThe Winnerが本当に好き)、チームスピカやメインストーリー勢など、ウマ娘を踏まえた上で名馬を選ぶとしてもいくらでも括りが考えられます。頭数を絞る分だけ演出が濃くなるので、「個」のインパクトを見せるパートを作るならこっちかもしれない。

 ただ、僕はウマ娘の世代や雌雄を問わず肩を並べている「全」的なところが好きだったので、やっぱり全員の名前を1回は呼びたい/聞きたいと感じ、最終的に74頭立てのレースの実況を作るコンセプトでやることにしました。後ろのGIRLS' LEGEND Uパートでウマ娘が全員出ることもわかっていたので、その対比としても挑戦してみたかったですね。

 こういうぜんぶ出す系の発想は、親父コアの頃から何ら変わっていない気がします。限界まで集めて、何とかして並べる。特殊な状況でのみ発揮できる力技だと思いますが、今回はそれができる絶好のタイミングだったので、十八番やったるで!という意気込みで音声に取り掛かりました。

 キングヘイロー高松宮記念「撫で切った!」やトウカイテイオー有馬記念「奇跡の復活!」、ツインターボ七夕賞「吼えろツインターボ!」、サイレンススズカ毎日王冠「どこまで行っても逃げてやる!」など、個人的にこの実況は外せないというものは秒数と相談しながら頑張って採用して、後はもうどれだけ詰めながらギリギリ馬の名前が聞こえるように組んでいくかの闘いです。36秒に74頭はやっぱり普通に無理なのでは……と何度も思いました。

 ただただ名前を並べたようにはしないために、「先頭」「内から」「外から」「追い込んだ」「逃げる」「かわした」などのレース状況を表現する単語は極力入れる方針にしました。あと放送局によって実況担当のアナが違うので、同じ声があんまり連続しないようにも意識しています。気を抜くと杉本杉本杉本とか、青嶋青嶋青嶋みたいなことになるので……。

 基本的には生年順に登場させており、その上で各馬の関係性を考慮した並べ替えをして、最終的な順番を決めています。すごくざっくりとしたものですが……。

f:id:banfuture:20220414011510p:plain

 基本的にG1の勝ち鞍がある子はG1での実況を引用していますが、実況のフレーズを優先している部分もあるのでたまに例外の馬もいます。私的な理由を挙げると、ヒシアマゾンエリザベス女王杯ではなく私が好きなレースだからという理由でクリスタルカップシーキングザパールNHKマイルではなく私が好きなレースだからという理由でニュージーランドTの実況を使っています。どちらも凄まじい差し切りのレース!

 Never-Ending Taleパートの音声を振り返ってみると、心底楽しみながら自分のやりたかったことを実現できたように思います。こんな密度の音MADを作るのは後にも先にもここだけじゃないかな。おまけとして、実況のみx0.75音声を置いておきますね。

 振り返ってみると、両パートでやりたいことを存分にやらせてもらった感じがありますね。改めて、お誘い頂きありがとうございました!お疲れ様でした!

日報2 22.4.14

四月十四日

久しぶりに対面の講義があった。うちの学科は2020,2021と授業はフルリモート、昨年所属していた研究室(学部の成績がカスすぎて残留できなかった)も放任気味で家作業ばっかりしていたので、マトモに大学で講義を受けるのはちょうど2年ぶりになる。文字で書くと一行であり、実際の主観としてはそこまで問題があったように思えない2年だったが、気付かない内に喪失しているものは少なからずあるのだろう。

おれはASDではないが、かといって定型でもないような気がする。異常に怠惰なだけである可能性もあるが、ホワイトボードに書かれた自分の意見が無い・だまりこんでしまうというのは共感する。自分の意見が無いことを最近発見したような気もする。

日記を書くのも非常に面倒だ。なにか起きたことを、観察し、考え、言語化し、文章として構成するプロセスが、面倒すぎる。ツイッターや人の日記を見ていると、構成がしっかりしているなとか、よくここまで思ったことを言語化できるな、と思うことがよくある。おれのツイッターの使い方は本当に「つぶやき」でしかなく、ほとんど意味のあることを書いていない。

これは、そういうスタイルのツイッターに影響を受けたというのもあるが、そこに横臥している現実は、これ以上の言語を書くことができないというものなのではないか。おれはインターネットに書かないようにしていることが多い。それは後から恥ずかしくなった経験だったり、そもそも書くのがおこがましいという意識から来ているが、もうちょっと体重を乗せたことをやってもいい気がする。

これと殆ど同じことを以前の日記にも書いているが、まったく変わらない。成長なく、自意識だけがループしている。何にも興味がなくなってきている。音MADも見ていない。

学部に入学した頃、「理系には一定数"無"の人間がいる」というツイートを読んで、なりたくないなと思っていたが、4年掛けて見事になっている。どうしたものかな。

世の中には、助けてくれと叫んでいる人が多い。特にネットには多いが、そういう人は大抵、何らかの事象に耽溺していることも多い。それを見ると、情けねえよ自分が。すべての物事に億劫だ。文化的な部分を失っている。それはひとえに己の怠惰、寝る方に逃げてきたことに起因する。文化的な部分の興味しか生活をやっていく術が無いのだから、興味のあることを今一度見定め直そう。

おれは何が好きなんだろう。今日は王様の深紫伝説を聞いていた。女王様も含めた日本語直訳ロックの中で構成とアレンジが一番好きだ。これが30万枚売れたのは納得する。ところどころ、Deep Purpleの原曲よりも好きな箇所がある。Speed Kingのパートは王様版の方が好きだ。日本的には嘉門達夫の系統、コミックソングとして受け入れられていると思うが、その歌唱力とギターテク、本家へのリスペクトも評価されており、こういう真剣さと滑稽さが同居しているものが好きだなと改めて思った。

憧れを捨てて、現実として、自分の意志をコントロールしたいな。とりあえずその日好きだったものを振り返る日記を少し続けてみよう。

過眠日報 2022.01.10~2022.01.16

2022.01.10

 今日は寝坊しなかった。用事も滞りなく済んだので一安心。プロジェクト完遂までに時間が無いのが怖いけど何とかなるでしょう。フラグか?

 ストレンヂアというアニメ映画を見る会があった。カッコ良い映画でした。タイトルから内容まで全然知らなかったので、興味ある分野でもちゃんと勉強しないと知らないこと沢山あるなあと思った。

 この異様なメンツの番組で町山が話したトリビアに対して岡田斗司夫が「40才超えても人生勉強の連続だ」とサラッと言っている。良い事言ってるな。実際斗司夫ちゃんはYouTubeで未だに何か無性に楽しそうだし説得力はある。この発想は大半の人が至ると思うが実践が思ったより難しいと思う。おれも気を付けなきゃなあ。

 

2022.01.11

 個人サーバーを作って、メモを書くことが習慣化できたように錯覚できている。錯覚から始まる物事が何かを為す可能性は十分にあるので自分のペースで続けたい。

 ジャンル別にメモを取っているが、おれが人の個人鯖に入っていて一番面白いと思った内面の話がどうも書けない。日記で済ませちゃっているからかと思ったが、そもそも実は内面で考えていることなどあまり無いのだろうなと思った。「蟠っている」のを「考えている」のと勘違いしている。おそらく考えてはいない。

 大抵のことを考えなしでやってしまうところがある。「なんか渡れそうだな」と思うと、防波堤や川べりなどの見るからに転びそうな所をヒョコヒョコ歩いてしまう。一人で学校の裏山にいる時に「こっちから降りたらどうなるのかな」と思って急斜面を下って草に足を取られて骨折したりしている。書き出してみると自然が絡んでいる時が危ないっぽい。海とか川見るとテンション上がっちゃうんだろうな……。シンプルに馬鹿か?

 考えるのは難しい。考えるのには知識がいるのだけど、知識が思考に胡座をかく場合があるっぽいんだよな。パターンで処理しちゃうというか。楽だから考えてないことに気付かねえし大変だよ。

 そういう意味では、サーバーに脳死でリンクをCtrl+Vしようとする時、物理的な動作が加わることで内容を考えるきっかけになっているので良い装置かもしれない。流動するメモ帳というよりも積載する倉庫にしたい。使い方を考えなきゃなあ。

 

2022.01.12

 眠い。

 

2022.01.13

 眠いと一筆入れて何もしたくなくなる程には眠い。

 

2022.01.14

 映像が進まない。あまりにアイデアが出ないので参考にしたい元ネタを並べて疑似コンテっぽいのを作った。ざっくり作ったせいで逆に混乱してきた。いつも映像どうやって作ってたかな。

 制作とは口が裂けても言えないようなその場しのぎの発露のみでもう8年近く動画を作っている。制作というと、年末に何本かものすごい分量の編集後記が上がっていました。

凍りそうだ永遠の京都、行こう。 制作後記|inaho_inadumi|note

ラグとレイン 解説+α|Lixy|note

テレキャスターナムガール(sm38450329)の解説・リファレンスなど - ブログ

STAR FRUITS SURF RIDER GIRLS: 編集後記 - 寿司工場

 全員めちゃすごい!!僕はこういう理詰めの作り方を一切してこなかったのでホンマにビビりました。自分の映像で説明付けられるのってテレキャッシングだけかなあ。こういう形ですごい人のすごい所以をちゃんと見せてもらえるのはすごいことだよ……。

 

2022.01.15

 最近喋る時にイントネーションをわざとメチャクチャにしてしまうのが治らない。ので、治す。
 ラーメン発見伝ちょっと読んだ。佐倉さんかわいいね。全部読みたいけど期間中に読み終わるのかな。

 マジで何もしてないと書くこと無いな。ポンペイ展のことを考えていたら谷口ジロー展に行かなきゃいけないことを思い出した。

 

2022.01.16

 プログレ合作の反省生に出た。コツ連打らさんの解説がめちゃくちゃ面白かった。解説されないと気付かないことが盛り込まれまくっていたので、とても良い時間だった。音MADにおいてコツ連打らさんに大きく影響を受けている部分があるので、合作内でパートのバランスを取る必要があるという状況といえど、その人に自分の作った動画を指標にした部分があったと言ってもらえたのは嬉しかったな。

 朝食にふわとろオムライスを作って食べたら昼頃に大腹痛で死ぬかと思った。何が原因なんだろう……卵と牛乳を混ぜて半熟卵を作ったくだりが危ない気がする。体質からすると牛乳も飲めないし生卵も食べられないので。アレルギーではないのでぜんぜん飲んだり食ったりしているんですが、これらを食べた後に腹を下さなかったことがあまり無いのでたぶん食べないほうが良い食べ物なのだ。今度からはしっかり火を通した卵でオムライスを作ろう。

 好き嫌いは無いが食べるとアカンものは他にもあって、最近は油が全般ダメになってきた。コストコにロティサリーチキンというデカい鶏の丸焼きが売っているんですが、昔は食べていたのに今は食べられなくなってしまった。先月くらいに脂が多めの焼き魚を食べた時もダメだった。餃子がダメだった時もある。でも揚げ物は別に大丈夫。何なんだ一体。ケーキもダメで、生クリームの油分がよくない。

 早食いに起因して昔から胃腸は荒れているので慣れたものだが、自分の体調を犠牲にして食べる必要があるというのは少しつらい。加齢と共に食べられるものがどんどん減っていく気がしなくもないが、まだケンタッキーは食べられるので大丈夫でしょう。

 上に書いた通り、食ったら体調悪くなると知っていても押して食う程に食と自己に対して無頓着だったのですが、普段の食生活が炒飯を中心にローテーションしていることに嫌気が差してきたので、これを機に食にも気を遣うようにした。さらに胃腸をいたわるべくエビオス錠を飲み始めました。3回に1回は忘れているが、気休めにもなれば十分です。

個人日報 2022.01.03~2022.01.08

2022.01.03

 あけましておめでとうございます。年末年始は日記書いてませんでした。企画関連の放送が終わり、少し落ち着いてきたのでまた書き始めます。

 ここ2, 3年は大晦日に放送→元日に親族と邂逅→2日に反省生というスケジュールが定例化しており、ようやく落ち着くのが今頃といった感じ。今日は2021年振り返りと2022年目標の記事を書こうと思っていたのにダルくて寝ていた。疲れが出るのも今頃なんだと思う。

 

2022.01.04

 おれの居住地に人が来てもらう会があった。楽しかった。歩く会なのでかなり疲れた。帰宅したら有無を言わさず寝た。3時に起きた。いまも眠〜いよ。

 先月の日記にも書いたけど、Discordの個人鯖を作ったら面白そう。人のやってるそれが面白いので。でもおれには運用が難しそう。他の場所である程度確定させた関係の範囲を、より閉じたインターネットに移植するという使い方がおれの想像してる個人鯖に近いけど、そういう範囲的な関係がおれにはあんまり無いな。

 オープンにすることに妙な拘りがあって、鍵垢を作らないのもその拘りに因っている。mstdn.jpが鍵アカウントっぽいけど、アレも一応オープンではある。このオープン縛りは実際の性格とは相反していて、正直に言えば自己との齟齬がすごく生まれている気がする。Twitterは向いていないな、と折に触れて思っている。

 今も昔もTwitterでは独り言のような思い付きを書いているが、中学の時に先輩が「あの使い方は何なの?」と聞いてきたことがあって結構驚いた。学校系のインターネットは”学校生活の拡張がリプとふぁぼで行われる空間”なので、誰と共有する訳でもなく一人で喋っているユーザーは異質なんだな、と思った。

 特にリアルとネットを分けていなかったので、音MADの話を同級生に聞かせたり学校の話を音MAD作者に聞かせたりしていた。こういう現実を生むのであんまり中学生はインターネットやらない方が良いと思う。果ては音MADスレに私的オールスターを晒すことになるし。この歴史的事件とも言える自作晒しへの言及はそれこそスレで1度見たことがあるだけなので、私としては非常に助かっています。

 話を戻すと、おそらくオープンにこだわりがあるのは逆説的なもので、関係が近くなることが不得意だからじゃないかな。変に気を使っちゃうというか。小泉萌香さんが「平等にするために誕生日は誰も祝わないことにしてしまいました」っつっててわかる~って感じだったけど、それのネガティブ版みたいな?その辺のバランス取るのが上手じゃないんですね。

 1時さんの生に出てたボトルさんの10選出さなかった理由を聞いて、おれも自分に課した制約にだいぶ縛られているなと思った。思ったことを素直にやってることってあんまり無いかも。でも素直にやった時の方が上手くいくことが多い。皮肉野郎が跳梁跋扈する界隈にいたのも影響あると思うけど、もう自由でいい時期やな。

 

2022.01.05

 完全に体内時計が狂ってしまい寝坊した。このところ断続的な睡眠がポツポツと置かれている感じで、いつ眠くなるのかまったく把握できなくなっていたら実害が出た。年始以降すごく気分が落ち込み気味で、色々と面倒になっているのが現実に出ちゃったのかもしれない。

 2021年は始まった瞬間から根拠もなく「今年はいけるで〜!」と思ったのに、2022年は「マジで終わった」感が認識を支配してる。助けてくれ~い。

 そこで、終わったというのをポジティブに捉えて、今までの俺を終わりにすることにしました。

 契機として個人鯖を作った。人がいるとありがたいので入ってもらえると嬉しいですね。試験運用なので閑散としていますが、日記の拡張版みたいに見たもの聞いたものを記録していくサーバーにします。

 

2022.01.06

 一日中寝てた。横になってたんじゃなくて気絶してた。そういう日もある。

 

2021.01.07

 まだ眠い。4日に疲れすぎた。夕食にバーガーキング食べた。バーガーキングってめっちゃうまいね。

 

2021.01.08

 0~6時で起床した後15に起きた。キレイな昼夜逆転で理想的ですね。夜中に作業しないと終わるので夜中に作業しよう。

 

2021.01.09

 今日調子良いな。死ぬ程寝たからかな。エビオス錠飲み始めたんだけど朝と昼普通に忘れた。今18時なんだけど全く18時感が無い。21時くらいの感覚なので余裕があるように感じられて最高。

 書いてたら死ぬほど眠くなってきたので寝ます。

 

上坂日報 2021.12.20〜2021.12.26

2021.12.20

 昨日上坂すみれさんが30歳のお誕生日を迎えたらしい。いま知った。おめでとうございます。わたしは何年か前にればかろを聞きながら寝たら夢に上坂すみれさんが出てきたというのを人生における有数の成功体験として認識しています。

 おまねるは追えていません……。でもインスタは見ているので単なる顔ファンに成り下がっています。キモすぎますね。よく考えたら上坂すみれさんのインスタを見るためにインスタを始めたので元からキモかったですね。

 おれが唯一声優さんのイベントに赴いたことがあるのはコミケでLady Go!! 卓上スクールカレンダー2015を上坂すみれさんが渡してくれるという一瞬会話がある系のイベントでした。Lady Go!!で時が止まっているオタクなので未だにLady Go!!の話をしています。いま思うと本当によく行ったなと感じますが、当時は真剣だったんですね。なぜか同行していた人にもダマで行った気がします。

 マジで何喋ったか覚えてない、と書こうとして、アナスタシア良いです応援しています!とか細い声で発したのを思い出しました。中学生のオタクの奮闘を振り返ると涙が出てきた。前に並んでいた大学生くらいの人がじゃんけんをいきなりカマしていて胆力にビビった記憶もあります。

 カレンダーを受け取って逃げるように帰ってきた。相当緊張したので記憶があまり無い。カレンダーはパーソナリティの写真が横に付いており、切り取ってブロマイドにできるやつだったので、最近まで上坂すみれさんのだけは引き出しに入れていました。

 ベタですが、しんどい時に見て頑張るか……というのもやったことがある。数年保管していたが、少し前の掃除の時にもう追えてないしなあ、と思って処分してしまった。一つの歴史が終わったと思った。

 こういうことを書いていると、特に考えもなく好きなことについてのべつ考えていた頃の感覚を思い出す。停滞はもう十分なので好きなことをしてほしい。

 

2021.12.21

 パソコンとインターネットをしていたら1日が終わった。スマホ数独よりマシだな。

 レヴュースタァライトのBDが届いた。5秒くらい再生しただけでテンションが急に上がってきた。これでいつでもT華恋のシークエンスが見れる!!あと特典映像の九九組のみなさんが可愛くて良かった。banfutureは小山百代さんのことを応援しています。

 

2021.12.22

 月曜が忙しくて火曜がその流れにあったせいで曜日感覚が破壊された。何度考えても今日が水曜だと認識できない。

 

2021.12.23

 書き忘れた!諸々の〆切が1ヶ月切ってきたのでここからスピード感を出す必要がある。いつもここで怠けるから後で死ぬ。

 賃労働していないので当然だが金が無い。失くなれば焦るかと思ってレヴューのBlu-rayだとかダンガンロンパ トリロジーパックだとか庵野秀明展図録だとか藤岡弘の精神魂禅心命道Tシャツだとか買っていたら本当にお金が失くなって焦った。予想外だったのは、減っても増やす気にならないことに焦った。めんどくせえ!

 タモリ倶楽部めっちゃ見た。見終わった瞬間に内容忘れるので別個どこかにまとめて書いておきたい。

f:id:banfuture:20211224135723p:plain

 これ紹介されてたけど面白そう。海上保安庁の人がだいたい1人で作ったサイトで、日本の灯台がかなり細かい所まで360°ビューできる。灯台の周囲は勿論、灯台の中に入ったり記念碑やら石碑の写真とかでっかいレンズも見れる。場所によっては昼夜の切り替えもできる。こんなに多機能で写真も充実していてUIも現代的で操作も直感的なのに放送時点ではぜんぜん流行ってなかったらしい。 結構すごいのに。今はどうなんだろう。じっくり見てたらめちゃくちゃ時間潰れそうなので気を付けながら見ます……。

f:id:banfuture:20211224140646j:plain

 なんか展示室も普通に見れた。マジですごくない?

 

2021.12.24

 凍結したプロジェクトの代わりに充てられたプロジェクトもうまく行かなくてやばい!死ぬ!

 

2021.12.25

 忙しくて日記のことを忘れてしまう。昨日は知己が地元に来て2時間歩いた。歩くのも人と喋るのも久し振りだった。

 地元を改めて歩くのも10年振りとかで、幼稚園・小学校・通っていたクラブ・ショッピングモール・肉屋・近所にあるスーパー・神社・ドンキなど歩いていける範囲の見知った地元をすべて回った。

 それでも2時間くらいですべて回れるような距離感に存在し、家から出ないことで世界から断絶されるよりも地元から断絶される方がヤバいなと思った。

 受験もあり早い段階でローカルを外れたので住んでいる町に対する帰属意識が薄いとは思うが、10年以上住んでいれば中々どうして道は把握しているものだし、自己形成の一部になってるわな。知己に向かってここら辺では何があったなど話しながら歩いたのも良かったかもしれない。ありがとうございました。

 シン・プロジェクトが常に生活に張り付いている。ただ切羽詰まっていると起きた瞬間に作業を開始することができるので悪いことばかりじゃない。楽をしようと思えば限界まで楽をするタイプなので、背中に火を背負った状態の方が活動量が上がる。

 タイトルのセンスヤバい。逆取ってるだけなのにキャッチーだし。ありものを変化させる系の意匠大体好きだな。臆面もなく言えばその上で自分のものにしちゃっているモノが良い。爺さんとかちゃんとザコシのワードっぽいし。

 胃之上奇嘉郎先生の書き下ろしカレンダーが欲しくてコミックゼロス#93を紙で買った。エロ漫画雑誌を紙で買うの初めてだと思う。手に取るのも10年振りくらいか。

 10年前に先輩が河川敷でまあまあの量捨てられていたエロ本を拾ってきて、おれも同席したカラオケでおもむろに読み始めたのがおれとエロ漫画雑誌の最初で最後の邂逅だな。雨で濡れていて紙が固まっているのかと思い先輩がグッと真ん中を開けた瞬間「バリバリッ」と言ったのでその場にいた全員が絶叫した。事後だったという訳だ。美しい思い出だな。

 UESAKA JAPAN! すみれ見聞録も買った。まだ何も読んでないけど本のサイズと厚さが良い。7年分の連載をまとめているか変遷という点でも総覧という点でも楽しみな本です。こういうまとめ系の本って逆に新録部分が退屈だったりするけどスキマなく連載の文字と画像で埋められていてグッドですね。あと帯に卒アルって書いてあるので終わった連載だと思っていたら普通にNewtypeで続いていた。どういうこと……?

 

2021.12.26

 有馬記念、-5000。エフフォーリアパねえ!たけしすげえ!ステラヴェローチェ氏……惜しかった……。でも出遅れたのにラスト沈まずにクビ差4着だから頑張ったッス。来年も競馬見るか~……死なない程度に……。